<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

あと10日もすれば9月、渓流もラスト間近となりました(^^;)
秋は大物狙いのシーズン。大型の陸生昆虫で狙ってみるのもこのシーズンの楽しみの1つ。
クリケットやホッパー、甲虫類などを模した大型のフライで成熟した大物を釣りあげましょう(笑)

●チェルノブイリのようにフォームでタイイングした
ホッパーとコオロギのようなフライ2態(笑)
H=#10、3Xロング
T=ピーコック・ブルーネック
B=ピーコック・ハール+イエローフロス(左)レッドフロス(右)
W=イエローダイド・ディヤヘアー(左)
Leg&Head=ブラックフォーム
b0053660_10451065.jpg

[PR]
あと1歩、あと1m、沖へ(^^;
ウェーディング派にとって、少しでも前進したくなるのが習性でしょうか(笑)

琵琶湖でのディープウェーディング用にと、いろいろなチェストパックを捜していましたが、
適当なものが見つかりません。
そこで、自作しちゃいました。自作と言っても、レインジャケットの収納袋を利用しただけですが・・・(^^;
FFMだったら、1つや2つ、古くなって捨てたレインジャケットの収納袋だけが残っているはずですよね。
FLYBOXサイズにぴったりの収納袋を利用したオリジナルのチェストパックです。
ボックス1コとティペット2コを入れて、フライパッチ、メジャー、クリッパー、フォーセップを装着。
胸にぴったりと収まる、ディープウェーディング・チェストパックです。

これで、ぎりぎり胸下まで入れそう・・・(笑)
b0053660_12264772.jpg

[PR]
この猛暑にも、ミョウガは元気です。
1週間おきに収穫をしますが、足も踏み出せないほどに密生しているので、大変です(笑)

1mほどに伸びたミョウガの林にかき分け、一歩づつ踏み込んで、根元の捜査。
もちろん、やぶ蚊対策の携帯蚊取りは必需品です(笑)

冷や奴に、そーめんつゆに、酢の物に、夏はミョウガが欠かせません(^^)
b0053660_11204350.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2008-08-11 11:21 | ライフ
フライ・ローテンションと言えば管理釣場でのタクティクスの1つですが
バス釣りの場合にも使えるテクニックです(^^;

バスは、好奇心旺盛、食欲旺盛、しかもフライ(ルアー)を覚えるらしいと言われています。

それがほんとかどうかの論議はまたにして(笑)、
ぼくの場合、夜明けから8時頃まで=白→黄→緑→紫→黒のローテーションでフライを変えていきます(^^;
特に同じポイントで攻める場合にはこのローテーションが効果的です。

ただこれで、ほんとによく釣れるのか?と言われるとまったく自信がありませんが(笑)
b0053660_14541746.jpg

[PR]
庭の水鉢にはメダカを入れています。
黒メダカ(左上)と白メダカ(右上)をそれぞれの水鉢で飼育していますが
今年はペアリングがうまくいったのか、どちらもスウィートなカップルで多産です(笑)

稚魚はそのまま同じ鉢に入れておくと、親に食べられてしまうので
ホテイアオイや水藻についたタマゴを定期的に採取します。
右下の2つが室内保育用(^^)
⇩
1週間で40粒〜60粒くらいでしょうか、せっせと回収し保育器に入れ、
少し大きくなったものから幼稚園水槽に移して育てます。
⇩
幼稚園水槽である程度大きくなったものから庭の児童用水鉢(左下)に入れます。
⇩
ここで大人になる前の青少年(産卵前)まで育て、最後に黒と白の水鉢に戻します。

今年はかなり多く、すでに2百匹以上(正確に数えたわけではありませんが(笑)
ただ、庭の水鉢で冬を越せるのは1/3くらいでしょうか?
でもこの鉢だけで、これだけの数を飼育するのは難しそうで、困りました(^^;
b0053660_10582249.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2008-08-06 10:58 | ライフ
設計から3週間、やっと完成しました。

完成したベンチは設計図とは少し変わりましたが・・・(笑)
背もたれの丸棒が無くなって、材料はほとんど手持ちの2×4材だけで仕上げました。

塗装は奥さんの好みのダークブラウンで。

「なんか、昔あった学校のベンチみたい」って言われましたが・・・(^^;
b0053660_10361777.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2008-08-05 10:37 | ライフ
猛暑、お見舞い申し上げます!

この猛暑の中、相変わらずバス釣りに通ってているPapaです(^^;
皆様にも、少しでも暑さをしのげる早朝釣りをお勧めします。

先週末の土日も、早朝5時半からほぼ2時間の釣り。
早朝とは言え、太陽が出てまもなくに気温は26度。太陽が登ってくるのと平行して気温もどんどん上昇してきます。

夏のための作ったウィードガード付きのダイバーでウィードスポットを狙っていきます。
こんなのや
b0053660_12252699.jpg

こんなモノまで釣れます。野池では釣ったことはありますが、ライギョを琵琶湖で釣ったのは始めて(^^;
b0053660_1226798.jpg

夏のバスは25cmがアベレージ
b0053660_12263612.jpg

たまにはこんなモノもの。48cmの食欲旺盛なポットベリー。
b0053660_1228678.jpg

そして、2時間釣ったら、さっさと帰ってシャワーをあびて朝食。
夏の週末は1日がなが〜い(笑)
[PR]
ダイバーの新色、紅白金魚カラーです(笑)

トラウトフライと違って、バスフライはオモチャのようですね(^^;

冗談ではありません。夏期対策用のアトラクターですぅ(^^)
b0053660_165493.jpg

[PR]