<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年の近畿地方(琵琶湖地方)は何だか雨量が少ない梅雨でしたが、心配無用でした(^^;
先週末は思いきり雨が降ってくれましたね(笑)

そんな梅雨のまっただ中でホスタ(ギボウシ)が花をつけ始めました。
梅雨の花はアジサイときまっていますが、ホスタもこの時期がいちばんきれいです。
葉が青々として、花茎もつけて今が見頃です。
写真は玄関アプローチに並べられたホスタたちです。
今年植えたばかりの苗や小さなものはまだいくつもあります(^^;)
最近の奥さんは近くに住む嫁と談合して(笑)新たな苗をどんどん購入しているようで
知らないうちに鉢が増えています(^^;

母の日に嫁からもらったサガエ、大葉の種類で花茎は背丈ほどあります。
b0053660_16271195.jpg

右列上段が安曇川産のギボウシ。何とか根がついたようで花芽もでてきました。
ビッグダディやらいろいろ、あとは名前がよく分かりません(笑)
ギボウシ愛好家には2種類あるようで、斑の入ったホスタ好きのガーデン派。
もう1つは、山野草愛好家のギボウシ盆栽派。
Papaはどちらが好きかと言えば、盆栽派でしょうか(笑)
b0053660_16274326.jpg

土曜日は、ヤングバサーの誘いを受け、琵琶湖へ出撃!
ポイントを北から南へくまなく調査。午後1時から5時までたっぷりとバスと遊んできました。
ヤングバサーはPapaの作った新作ルアーで25cm〜40cmを4匹をゲット。釣れて良かったぁ〜(笑)
[PR]
by PapasDiary | 2008-06-30 16:32 | ライフ
曇り、時々雨。湖の上空一面にどんよりしたと雲が掛かる週末。
21日は雨の上がった3時過ぎから2時間。
22日は4時過ぎから1時間(^^;
土曜日は数は出るが小型ばかりでした。
日曜日も同じように小型を数匹釣ったあと、最後に釣ったのが写真の39cm。
掛けたあとのやり取りでデカイと思ったのが40弱とは・・・。
このテールの大きさなら引きますよね(笑)

PS:先週末に愛用の古女房Mac-G4がダウンしてしまいました。
月曜日、朝から回復に務め、半日がかりでやっと復旧。
が作業中のデータはアウト(泣)
HDは何とか現状に復帰。しかしまたいつダウンするか分からないので
慌ててデータをバックアップ。
今は機嫌よく動いてくれてますが、そろそろ引退も間近か・・・(^^;)
b0053660_10442191.jpg

[PR]
6月15日、5時半、今年はじめての琵琶湖早朝出撃(^^;)
駐車場は2台ほどの空きだけで、ほぼ満車状態。バサーの朝も早い(笑)
湖に出てみると、ウェーディング派は以外と少なく、ほとんどがチューブ&ライトボート派。
先週に比べ13cmの減水とか、急激に伸びたウィードが水面に目立つようになりました。
b0053660_10553358.jpg

キャストを始めて1時間は何のアタリもなく過ぎる。
場所を変え岸よりのウィード際を丹念にさぐっていくと出ました38cm。
b0053660_1056865.jpg

7時ごろからボイルが始まる。ボイルしたあたりにすかさずキャストするとバコッ、バコッ(^^)
この後、30分ほどで40前後を4本をフッキング。
b0053660_10565297.jpg

野球少年たちが集まり出す8時半、バサーもさらに増えてきてストップフィッシング。
朝は気持ちいいですが、釣り人が多いのがね・・・(^^;
[PR]
by PapasDiary | 2008-06-17 10:58
奥さんの最近お気に入り植物がギボウシ。
和名は擬宝珠(ギボウシ)、江戸時代より鑑賞用として庭園に植えられていたそうですが、いま流通している栽培種はシーボルトが日本から持ち帰ってヨーロッパに広がり、そしてアメリカにも渡って品種改良されたものがほとんどのようです。
ホスタの名で人気の植物ですが、もともと東アジア原産の山野草です。
人気のホスタに寒河江(サガエ)というのがあるくらいですから、渓流ではけっこう見かけます(^^)

そんな話しを奥さんにすると連れてってほしいとのこと(^^;) 釣りには無感心ですが、植物にたいする情熱はぼくの釣り熱と変わらないものがありますので、引率して出かけることに・・・(笑)

よく行く渓流沿いに咲く岩ギボウシは、谷に下りてから2回ほど川を渡らなければなりません。釣りをしながらゆっくり上がっていきます。先週、友人たちをガイドしてきたときには、コンデションが良くなく反応が悪かったのですが、今日はいつものポイントから元気にアマゴが飛び出してくれました。(皮肉ですね)
b0053660_12445986.jpg

奥さんに見られての釣りはちょっと緊張します(笑)パシッと飛び出し、フッキングしたアマゴを見て、カンタンに釣れるのねって、言われちゃいました・・・(笑)
背中からの視線と川原をウロウロする奥さんに、釣りに集中できないので、3匹を釣ってギボウシ採取に切替えました(^^;)

ほとんど陽の当たらない岩場に、ギボウシはひっそりと自生しています。
深い川の対岸とか崖の中腹とか、人の手が届かないような場所ばかりです。
流通している品種のように斑が入ったものはなかなかありません。ギボウシ愛好家の中には斑入りを捜すために山野に分け入って捜し、新種を見つけて育てている人たちも多いようです。斑が入っていない岩ギボウシもとても綺麗です。何とか大きな葉を持つ2株を採取することができました。
b0053660_12474757.jpg

無事に採取したあとは、川沿いに上流部までドライブ。釣り人の視点ではない川原や崖を調査しながら山道をドライブ(笑)上流の川原でお昼を食べているときに、今日のもう1つのサプライズがありました。ジギタリスを見つけたのです。
家の庭のジギタリスが少なくなって、種を捜していましたがどこのホームセンターでも見つけられなかったジギタリスが川原に群生しているのです。ぼくの身長ほども伸びたりっぱなジギタリスです。ジギタリスは自然に種を飛ばし増えますが、夏に落ちた種は2年しないと開花しません。ところが6月ごろ種を巻くと来年に開花するので、今月中に種を巻きたくて捜していたのです。

そんなジギタリスを偶然見つけた奥さんの驚く顔。上流の民家の庭から落ちた種が流れて川原で育ったのでしょうか?増水したら流されてしまいそうな川原で野生化したジギタリスです。せっかくですから白とピンクを2株づついただいて帰りました(笑)
b0053660_12481794.jpg

視点を変えると、ふだん通っている渓流もまったく違ったものに見えることを実感した1日でした(^^;)
[PR]
by PapasDiary | 2008-06-16 12:57 | ライフ
トップシーズンにそなえて、サーフェスミノーを補充(^^)
このミノーはバスを何匹か釣ると、ボロボロになってしまいます。
そのため、夏にかけて使用する弾を少しづつ補充しておきます。

作るのはカンタンですが、接着剤で補強したりするので
けっこう時間がかかります(^^;
タイイングというより、クラフトでしょうか?

このミノーには、I.ミノーにはない工夫をちょっとしています(^^;
大したアイデアではないですが、プラスティックアイに変わり
リトリーブした時に少しダイブするように、極小のチェーンアイを使っています。
チェーンアイの大きさを変えることによって、ダイブする深さも変えることができます。

潜行したときにチェイスがあると、サーフェスにあるときより
少しはフッキング率が上がるようです(笑)
b0053660_12403617.jpg

[PR]
梅雨に入ると、春から咲いていた花たちがいっせいに散って
華やかだった庭が少し静寂な感じになってきました。

先週の画像ですが、アマリリスが今年も優雅に咲きました。
b0053660_11223927.jpg

6月の花といえばアジサイですが、家のアジサイはまだ咲き始めたばかり。
いちばん最初に開花したのが、柏葉アジサイ。
葉がカシワ葉のような形をした、ちょっと変わったアジサイです。花の付け方も独特です。
b0053660_11261071.jpg

次に家ではいちばん古株のアジサイが開花。大輪の花をつけます。
b0053660_11263694.jpg

タマネギも先週には収穫しました。でも大玉は少なく、中玉、小玉ばかりでした。
なかなかうまくできません。場所によって大きさが違うので陽当たりのせいだと思うのですが・・・。
でも、すべてをおいしくいただくます。
特に小玉をスープなどに入れると甘くて、柔らかて、最高です(^^)
b0053660_11271779.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2008-06-10 11:28 | ライフ
6月8日、今日は大阪のFFM3人を案内する日です。
メールの着信音に飛びおきて確認すると、約束より1時間ほども早く着きそうとのこと。慌てて食事をすませ待ち合わせのコンビニへ(^^; 始めてお会いするKさんとMさんにコロンちゃん。3人とも気合いがはいってるようです(笑)
今日の予定は、午前の部が渓流、午後は琵琶湖への欲張り釣行。

昼食を購入しさっそくHRに向います。峠を越えて目的の川に着くと本流は濁流です(泣)夜半の雨のせいで濁りが入っています。この状況では支流も心配でしたが、さすがに山がしっかりしているのか、支流には濁りがありません、安心(^^

気合いの入った3人ですが、狭い支流ではポイント交代で交互に釣ってもらうしかありません。ぼくはガイドに徹してさっそく釣り上がります。
b0053660_13523850.jpg

KさんはFF歴4年目、いちばん釣りが楽しいころでしょうか(^^)
b0053660_1353452.jpg

Mさんはまだ今年から始めたばかりだそうですが、後ろ姿はベテランの雰囲気が漂っています(^^)
b0053660_13532831.jpg

コロンちゃんは何度か一緒してるFFM。キャストも綺麗にきまっています。
交互に釣り上がりますが、なぜか今日は反応がよくありません。いつもなら盛んに飛び出してくるアマゴも沈黙したまま。半日を釣り上がっても10cmほどのチビサイズばかり。抜かれてしまったのか?気合いの入り過ぎた釣り人に恐れをなしたのか・・・いいサイズは出ませんでした(^^;
b0053660_1354150.jpg

昼食後は琵琶湖へ移動。曇天で風も少ないバス日和ですが、バスボートや琵琶湖汽船、ウェイクボートの波がけっこう高い(^^;
陽が落ちるとあちこちでボイルが始まり、入れ食い状態。ただサイズは20cmクラスが中心で最大30cmほど。途中、休憩を入れて午後7時近くまで。
結局、朝から晩まで12時間も遊んでしまいました。コロンちゃん、Kさん、Mさんお疲れさまでした。
Papaは肩に少しハリが出ています(笑)
b0053660_13543793.jpg

[PR]
ヤングフレンドバサーのために、ルアーを制作。

素材はランデイィングのグリップ用端材を利用したハードウッドルアー。
できるだけ重量のある木を使い、どこにもないオリジナルルアーを考えてみました。

ベイトのような、ナマズのような、ネズミのような・・・
ラビットファーを背と胸に貼りつけた奇妙なルアーが完成しました(笑)

浮力バランスはテストしましたが、アクションはどうか?釣れるのか?
結果は、ヤングバサーに委ねました(笑)
b0053660_14431212.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2008-06-04 14:45 | ETC
6月1日、晴れ。甥の結婚式が平安神宮であり、ファミリー総出で行ってきました。
雅楽の演奏をバックに、神式の荘厳な結婚式。神式もなかなかいいもんですね。
披露宴は新郎、新婦の友人の方々の盛り上げで、楽しい宴となりました。
最後は、新郎のお父さんの挨拶に少しほろっとしてしまいましたが・・・(^^;

式の後は、境内の庭をみんなで散策。
しだれ桜で有名なポイントですが、いまは新緑におおわれ、その緑が池に映えてとても綺麗でした。
b0053660_1129310.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2008-06-03 11:30 | ライフ
5月31日、朝から雨模様の天気に出撃を断念、軟弱FFMです(^^;
しかし、雨が上がった午後に琵琶湖へ行ってしまいました。
そろそろトップでいけるかどうか、調査です(笑)

水量はたっぷり、杭の吃水で判断すると、ウェーデイングのベスト水量から50〜70cm高。

曇天で風もなく、波も静か。ときどき寄せる波はバスボートの波くらい。
河口には鮎が群れて、あちこちで飛び跳ねています。
サーフェスミノーでいけそうな状況・・・(^^
b0053660_18173243.jpg

1投目からギルのチェイスがありますが、6cmミノーではフッキングしません。
ギルのチェイスを無視してリトリーブを続けると、15cmほどのバスがフッキング。
小型のバスが頻繁にちょっかい出してきますが、小さ過ぎるのか乗りません。
b0053660_1818738.jpg

2時間ほど、遊んで最大25cm、最小10cmを4匹。
トップのシーズンにはこれからといったところでしょうか(^^;
[PR]