<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3月23日、いつも通りHRに10時ごろ到着。
ポイントは、増水と支流からの濁りも入り状況は最悪。
プールをあきらめ、上流のポイントへ引き返します。
上流部も水は高いものの濁りは入っていません。
b0053660_10393391.jpg

陽当たりのいい、ゆるい流れを捜しながら移動。
いくつかのポイントをウェダーも履かず、岸から探っていきます(^^;
浅い瀬の中から元気に飛び出してきた2年魚。
b0053660_104081.jpg

上流部にはこのサイズの稚魚放流物がけっこういました。
無垢なアマゴは#16サイズのイマージャーによく反応します。
15cmほどの魚ばかりで、2〜3匹釣ってやめました(^^;
魚体は綺麗ですが、あまりにも無垢で幼い・・・。

もう少し大きくなってから、お相手した方がよさそうですね・・・(笑)
b0053660_10405539.jpg

[PR]
3月9日、解禁から1週間、HRにやってきました。
峠のトンネルを抜けると、そこはまだ冬景色、一面真っ白。
路肩は1m以上、川原は50cmほどの根雪が残ったままです(^^;
釣りには1〜2週間早いかも知れません。

取りあえず、漁協で年拳を購入して情報を収集することに・・・。
雪が多く、水温が低くて(5〜6度)エサ釣りでもあまり釣れていないとのこと。
放流ポイントが限られてしまい、釣り人が集中して、それ以外のポイントでは
釣れていないらしい。

1時間ほど話し込んで、いつものポイントへ。
駐車スペースがないほど雪が多い。駐車している車は1台のみ。
早々に準備をしてポイントに、川通しもこの時期にしてはラクに渡れた。

誰もいない川原に座り、ライズ待ち・・・。
気温7度ほどで、風も少なく割と暖かい。でもハッチはまったくナシ(^^;
b0053660_11424544.jpg

お弁当を食べながらライズ待ちをしていると、上流から写真の集団がやってきました。
毎年、1〜2度は合うカヤック隊です(笑)

雪の融けた川原に座り、ひたすら水面を見続けます。
午前11時〜午後2時ごろまで、3時間ほどただただライズ待ちも、一度もナシ(泣)
b0053660_11433679.jpg

もう少し水温が上昇しないと無理なようですね。
これだけ雪が多いと、今年は期待できそうな気がするけど・・・さて。
b0053660_1144390.jpg

[PR]
そろそろ、出撃の準備ですね・・・(^^;

バンブーロッドのメンテ、ラインクリーニング、リーダー&ティペット交換、ウェーダー&シューズの修理、ベスト収納チェック・・・などなど。

そして最後がフライボックスのチェック。
例年、解禁から満杯にしたフライボックスを6コほど持ち歩いていました。
1=ミッジ、2=ベイティス(CDCタイプ、イマージャーなど)、3=カワゲラ(オナシ、クロカワ、ミドリなど)、4=メイフライ(#14以上のCDCタイプ、イマージャーなど)、5=ベイティス(パラシュート、ハックルタイプなど)、5=メイフライ(#14以上のパラシュート、ハックルタイプなど)、6=ニンフ&ウエット(ソフトハックル、ニンフなど)。サブボックスにはモンカゲ専用ボックスもあります(^^;
心配性なのか?つい、あれもこれもと増えてしまいます。

今年は少し考え方を変え、すべてをシンプルにすることにしました(笑)
実績あるフライに絞り込んでボックスを少なくしました。
写真の4コが今年の3月〜5月ボックスです。
ドライ用のボックスはお気に入りの100均ボックス(笑)。
さて、少ないのか?多いのか?皆さんはどうですか?
b0053660_16572182.jpg

出撃準備はOKですが、今年のHRはかなりの積雪のようで
いつ行けるかは天候しだいということになりますか・・・(^^;
[PR]