<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

4月21日、低い雲が空一面を流れ、今にも降り出しそうな気配。
低気圧が真上を通過中のK川は気温18度、風も少なくハッチ日和です(^^;)

ライズは少ないものの、ミドリカワゲラ#18で2匹をキャッチ。先週と同じパターンで、コカゲロウのハッチが始る昼ごろにはカワムツの集中ライズに変わりエンド。水温が高いせいでしょうか、今年はカワムツ、オイカワ、ウグイさんがやけに元気です。
b0053660_12224647.jpg

プールをあきらめ昼食後は支流へ。入りたかった区間には先行者がいてさらに上流部へ移動。
ここぞと思うポイントではライズがあり、急がずゆっくりと釣り上がります。最初に釣れたのは22cmほどのネイティブ、今年初の天然アマゴです(笑)

底石の多い深さ50cmほどの流れで何匹もの魚のライズを発見。ヒメヒラタでしょうか?イマージャーを追いかけるライズのようです。これは貰ったとほくそ笑みましたが、ここから1時間におよぶ地獄に落ち入ることに・・・。ハラハラと飛び出すダンは分かっているのに、何を投げてもアタックなし(泣)半沈みのダンからDD、ニンフまで試してもダメ。一度だけクイルボディのスペントタイプで出たが乗らず、です(泣)
b0053660_12233775.jpg

何故でしょう、来週またこの答えを捜しにいかなければなりません(笑)
b0053660_1224165.jpg

[PR]
今週はフライ仲間3人(M君、S君、F君)を案内しての釣行です。
途中のコンビニで待ち合わせ、漁協で入漁券を購入し、ポイントに着いたのは10時過ぎ(^^;
いつも通りの時間ですが、ポイントはさらに渇水が進みクリアに澄みきった流れに苦戦の予感が・・・。

午前中はオナシカワゲラに混じってミドリカワゲラも出て、ポツポツとした散発なライズから始りました。
やがてコカゲロウの集中したハッチが始ると一気にライズが・・・
出るけどノラーズに苦しみ、やっと#18フローティングニンフでフッキングも痛恨の合わせ切れ(泣)
1時間ほどのアマゴライズはやがてカワムツのスーパーライズにとって変わり幕切れ。
フッキング出来たのはF君のみの結果に。その後は、本流を移動しながらの拾い釣りをして、
ぼくにもやっと幼稚園サイズの頭でっかちイワナが(笑)
最後は上流部のポイントでアマゴたちに遊ばれて終了。
ライズフィッシングのときはいつも反省ばかりです。
1時間ほどのライズをいかに集中して、状況判断して冷静に釣れるかが課題ですね・・・(^^;
M君、S君、F君、お疲れさまでした。ほんとに楽しい1日でした。
b0053660_11351984.jpg

[PR]
ロッドテーパーの探究というものには、キリがありません(^^;
今回のロッドはパワーショートがテーマ。
ポールヤング風に言うと、「しなやかで、粘りがあるのに、もたれない」
ワンキャストで飛んでいく、そんな機能優先のロッドを目指しました。

テーパーは、P.ヤングの「Midge」とPezonの「Midget」を参考にしました。
そしてNakamura Rods風にアレンジしたロッドは「Mini」(仮名)と名付けました(^^;
b0053660_11534361.jpg

濃く焼いたブランクにオイルフィニッシュした艶は
ナチュラルなカラーとはまた違った風合いがあります。
ラッピングカラーも機能優先のシンプルな単色・・・(笑)
グリップはリッツタイプでかなり細みにしました。

今週はこのロッドでフィールドテストです(^^;
b0053660_11541017.jpg

[PR]
4月8日、先週とはうって変わって暖かな春らしい天気。
ただ渇水でクリアな流れは手強そうです(^^;)

魚が少ないのか、ライズも散発。元気なライズをみせるのはカワムツばかり(^^;
浅い流れの中で繰り返しライズしている魚を見つけて、キャストしますが
プレッシャーの強くなった魚は喰いが浅くフッキングしません(泣)
ティペットを7Xから9Xまで落とし、フライも#20まで落としても
アタックはあっても乗りません???

その後はフライには何回も出るのに、フッキングしない病に落ち入り、完全に撃沈(泣)
雨が降って水量が上がってくれるのを待つしかないのか・・・(^^;)
b0053660_13115444.jpg

[PR]
3月31日、2週続けてのHRです。
先週のスーパーライズの余韻を残したままやってきましたが
朝から強風が吹き、ライズもほとんどありません(泣)
b0053660_1146424.jpg

川原でじっとして、ひたすらライズ待ち。
午後2時過ぎ、風が弱くなった一瞬のライズに何とか1尾をキャッチ・・・(^^;
b0053660_11474169.jpg

その後、強風も止まず3時には退散しました。
なかなか柳の下のドジョウとはいきませんね(^^;
[PR]