<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

B.バス用のワームフック#2に巻いた、7cmのベイトフィッシュ。

ロングヘアブラッシュを使い約5分ほどで出来るシンプルなフライです。

こんなフライの方が釣れそうな気がします(^^;

・・・シンプルなフライは大好きです(笑)
b0053660_1855418.jpg

[PR]
ソルトフライタイイング、いろいろなものに挑戦しています(^^;

今回はSteave Farrar先生のSquidを巻いてみました。

#2のフックサイズで約10cmほどの子イカですが

泳がせるのは、やはりイカのようにかな???

リトリーブを工夫しなくちゃ・・・(笑)
b0053660_15472220.jpg

[PR]
ソルトフライをやっている方は皆さんご存知ですが
あの有名なB.Popovics氏のPop-LipとMulletを初めて作りました。
このフライはヘッド部分をシリコンでコーティングするわけですが
これがなかなか思うようにシルエットができません(^^;
シリコンを手で塗り付け、ヘラで仕上げをするわけですが
手をベトベトにしながらの工作作業です。
はっきり言って時間がかかります(泣)

まだまだバランスが悪いフライですが
とりあえずテストしてみます。
b0053660_16492268.jpg

[PR]
日本の渓流のほとんどは落差のあるフリーストーン。
落ち込みや淵、瀬が連続する流れに棲息するヤマメ・アマゴ、イワナ。
そんなフリーストーン・フィールドが日本のFFシーンの代表と言えるのではないでしょうか。

初夏、青々とした広葉樹の広がるフリーストーンをドライフライで軽快に釣り上がる。
落ち込みのヒラキ、白泡のきれる流芯、落ち込み脇、沈み石や浮き石のある荒瀬や平瀬などなど・・・。
数多いポイントを丹念に、軽快にドライをシュートしていく。
そんな釣りをイメージしたロッドがFreeStoneです。
ミディアム・スローのゆったりとしたアクションは、製作者がいまいちばん気に入っているロッドです(^^;
b0053660_15372217.jpg

[PR]
グランドカバー用の小さな花たち。
自然に混生した花たちは早春から夏にかけて順に花を咲かしてくれます。
小さくて可愛い花は庭のあちこちにありますが、名前がよくわかりません(^^;
奥さんに聞いても憶えきれなくて・・・(笑)
b0053660_14132547.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2006-05-16 14:14
窓フレームにそってモッコウバラをはわしてみたら、どう?
と、奥さんと意見も一致し(笑)少しづつ理想のフラワーフレームに・・・。
アイビーのようにはいきませんが、だいぶそれらしくなってきました。
今年は花芽も多く垂れ下がった花はリビングからも見えるようにもなりましたが
窓全体まで伸びるには、あと数年はかかりそうですね(^^;
b0053660_11571673.jpg
b0053660_11573374.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2006-05-11 11:59
少し遅いエントリーですが、4月下旬くらいの画像です(^^;
今年は春が短く、急に暖かくなっていきなり夏がやってきたという印象です。
というわけで連休あたりから庭は活気づいています。
また、少しづつ庭の花を紹介していきます(^^;

●ムスカリは毎年増えていますが、開花時期以外は他の多年草の間に埋もれてしまいます。
ほんとに咲いてくれるのかなと心配するほどですが今年も咲いてくれました。

●サクラ草は何年も同じ花から種を飛ばし、咲いています。
秋から冬は軒下に移動させ、越冬させます。桜の開花時期より早く咲き始め、
桜が散ってもしばらく(1ヶ月ほど)楽しませてくれます。
b0053660_11481944.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2006-05-10 11:53
連休中に仕上げしたロッド。
上流から源流向きのHead Water です。

何日分かの食料と野営道具をパッキングして、車の入らない渓を釣り歩く。
ドームテントを川原に張り、焚き火をしながら満天の星を見る。
そして、疲れを癒してくれる友は何といっても川で冷やしたケンタッキーウィスキー。
シェラカップにたっぷりと入れてグイッと飲れば、出逢った渓魚たちの夢を見せてくれるでしょう。
思いがけない大物がアタックしてきたシーンでは、つい右手がビクッと動いてしまいます(笑)
明日の渓を思い描き、せせらぎの音を聞きながら幸せな夢の中へ・・・。

そんな源流をイメージしたロッドです(^^)
b0053660_12531997.jpg

[PR]
今年初の支流へやってきました。多かった水量もやっと収まり、好きな支流ポイントへ入ることができました。
急なガレ場を下り川に立つと、コンディションはとても良さそうな雰囲気です。
川原には、猪や鹿らしい足跡がいっぱいありますが、釣り人の足跡はありません。
そして、かなりの数のミドリカワゲラが飛んでいます(^^

寒くもなく暑くもない、ほんとに気持ちいい天気です。
今日のロッドはFree Stone 7'03" #4。ゆったりとしたフルフレックスなアクションのフリーストーン用、
今日のような初夏の陽気にはピッタリ(^^;) フライを静かに、フワッとプレゼントしたり、
小刻みなメンディングするのに向いています。
b0053660_12552713.jpg

ゆるやかな流れの筋から小気味良く出てきた小さなアマゴ。まだ早い流れではぜんぜん反応がありません。
b0053660_1256168.jpg

ここで二匹!
写真の中央の流れ、左よりの底石の前で小さなライズがありました。
最初のキャストで釣れたコンディションのいいアマゴ。写真を撮ってリリースをすると、また同じところでライズがありました。上流落ち込みからの流れが何秒かおきにレンズ状の反転流を作ります。その間のヨレができ、波がでるときにフライを乗せても反応しません。2mほど上流にできた喰い波に乗せて送り込むと、底石の前でヘッド&テールでフライをくわえました。いちばん気持ちいい出方です(^_^)
b0053660_12564312.jpg

b0053660_12571474.jpg

その後、適当に反応がありましたが、サイズはほとんど2年生くらいでした(笑)
帰りは川原の土手に芽を出したゴゴミをランディングネットにいっぱい採取。
今日の夕食はコゴミの天ぷらだ〜(笑)
b0053660_12574330.jpg

[PR]