<   2005年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1年ぶりに北陸の渓にやってきました。今回はLさんとMさんの3人旅。
目的の渓流は水量もよく抜群のコンディションでしたがまったく反応がありませんでした。
早朝の渓はシャツ1枚では寒いくらいで、そんな朝靄の中でカモシカに遭遇。
10mまで近寄ってものんびりと食事中で。もう少し近づくとさすがに川を渡ってゆっくりと山に戻っていきました。
b0053660_12111337.jpg

b0053660_12115315.jpg

そうそうにこの渓をあきらめ、近辺の支流を探し歩きました。
あちこちで大規模な工事中です。昨年の被害の大きさは想像以上でした。
通行止めにあいながらウロウロ、そして何気なく竿をだした渓は・・・(^^)
b0053660_1213581.jpg

Lさん、快心のフッキング。反転したイワナがスッポリとフライをくわえました。
b0053660_12141033.jpg

遠くからポイントを狙うMさん。
b0053660_12152476.jpg

なぜかPapaはフッキングミスが多く、やっと手にしたアマゴ。
b0053660_12155911.jpg

そして最後に何とかまあまあのサイズのイワナをキャッチ(^^;

Lさん、Mさんお疲れでした。ワイワイと楽しい釣りができました。
テスト中のロッドを折ってしまったトラブルで(^^;
お二人にロッドを借りながらの釣りでしたが、ほんとにありがとうございました。
[PR]
渇水の渓をウロウロした先週。
反応が良くない日というのは、周りによく眼が向きますね(^^;
半分沈んだ石脇に何か自然にはない曲線の白いものを見つけました??
手に取ってみると、リッパなイノシシの牙です。ふだんなら見過ごしてしまう周りの風景。
釣れない日というのは、思いがけないいろいろなものに会えます(^^;
b0053660_174626.jpg

[PR]
5月21日、晴れのち曇り。
HRの下流、中流、支流を釣り歩きましたが、どこも渇水状態。
小学生クラスの魚ばかりにしか相手にされませんでした(^^;
下流で釣った写真の魚は今年生まれたばかりのパー(幼魚)。小さぁ〜い(笑)
ビワマスの稚魚?のようなV字の尾ビレが印象的ですが???
あ〜あ、梅雨が待ちどうしい(泣)
b0053660_17474832.jpg

[PR]
C14-BVのフックでの試作です。
アンブレラフックと似ていますがこちらはボディを作り、ボディだけを沈ませるようなタイプがいいでしょうか。
ぼくの通う渓に多いミドリカワゲラとフライングアントを巻いてみました。どちらもウイングがCDCで
ボディがサーフェスフィルムに絡むフライです。あとメイフライをイミテートするときは
イマージャーやフローティングニンフ、クリップルタイプ。カディスピューパもいいかもしれませんね。
b0053660_12234510.jpg

[PR]
ハーブ園の片隅に野菜の苗を植えました。ゴーヤ、きゅうり、おくら、ししとうなど。
以前はもっといろいろの野菜を植えたこともありましたが、ここしばらくは休んでいました。
奥さんと相談の上、ハーブ園の一部を菜園に復活(^^) GWに植えた苗でいちばん元気のいいのがゴーヤです。
ゴーヤは初めてですがここ滋賀でちゃんと収穫できるのか?楽しみです。
(つるを絡ませているのはちょっとぜいたくなトンキンケーンのピースの切れっぱし(^^;)
b0053660_11584252.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2005-05-16 11:58
メイフライシーズンだというのに、ちょっと気のはやいテレストリアルパターンを巻いてみました(^^;
やはりテレストリアルのNo.1はアントでしょうか。渓ではすでにアリたちがせっせと動き回っています。
まだまだカゲロウ、トビケラ、カワゲラなどがさかんに飛んでいますが
源流の魚は流れてくるインセクトは何でも食します(笑)イワナの渓に行くときは用意しておきたいですね。
新しいフック、C14-BVを使ってみましたがとてもフッキングが良さそうです。
b0053660_13564691.jpg

[PR]
オフィスの書棚を整理してて見つけた古い本(1988年日本語版)です。
セスナでしかアクセスできないアラスカのツインレイクスという湖の岸辺で
約16ヶ月を独りで過ごした著者、リチャード・プローンネク氏の日記です。
独りでスプルースを切り出し、小屋(ログキャビン)を建て、動物を観察し、食料のための魚を釣り、
山菜を摘み、野菜を育て、動物たちを8mmやスチールで撮影し、近辺の山に登り、カヌーで湖を渡り、
などなど淡々としたウィルダーネスの生活を綴った日記です。
ブルーベリージャムをたっぷりかけたパンケーキ、ヤナギランのサラダ、ストーブで焼いたパンなど、
質素ですがおいしいそうな食事もたっぷりでてきます。
H.D.ソーローの「森の生活」は有名ですが、この「独りだけのウィルダーネス」は極寒の森の生活実践編とも言える本です。
冬には-40度にもなるアラスカでの生活は過酷ですが、1日も退屈しない氏の生活、すばらしい自然との共存。
-10度くらいなら1ヶ月でいいから過ごしてみたいナと思える本です(^^;)

One Man's Wilderness an Alaskan Odyssey.
アラスカ・森の生活「独りだけのウィルダーネス」
リチャード・プローンネク著(サム・キース編)、吉川竣二訳、東京創元社
b0053660_12294015.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2005-05-11 12:31
GW中、結局3回も釣りに行っていましました(^^;
HRや湖北の川へは、自宅から30分〜60分で行けることもあって
コンディションのいい時に即でかけることができます(^^
意外と釣り人は少なく(アクセスのいい川原はバーベキュー組だらけですが)ハイシーズンの釣りを楽しみました。
久しぶりに釣行記もアップしました。[2005 FF.Diary]こちらから。
b0053660_1151626.jpg

[PR]
3年目のモッコウバラ。花がちょっと少ないようです。
左右の窓沿いにアーチ型にのばしていく計画ですが、なかなか伸びてくれませんね。
手前の鉢はライムですが、枯れてしまったのか新芽が出ません(泣)
収穫したライムをジンに絞って飲むのが夢ですが、寒冷地では難しいのかも・・・。
もう少し暑くなって、芽が出るのを期待しようっと・・・。
b0053660_187696.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2005-05-09 18:07
ガーデンテーブル廻りが綺麗になってきました。いまやテーブルに座るのは大変ですが。
奥さんの計画では自然なイングリッシュガーデンスタイルに、とのこと。(^^;
b0053660_12513640.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2005-05-09 12:54