<   2005年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

犬すきの人には嬉しい映画がやってきます。
"犬のいる生活"を描いたエピソードがリレー形式でつながる[いぬのえいが]
3月19日(土)ロードショー

●出演犬(^^)
柴犬、ラブラドールレトリバー、ボーダーコリー、シーズー、パグ、パピョン、フレンチブルドック、ジャーマンシェパード、ウェルッシュコーギー、ワイマラナー、ボルゾイ、ミヌチュアロングダックスフント、シベリアンハスキー、ジャックラッセルテリア、ポメラニアン、アメリカンコッカースパニエル、セントバーナード、ヨークシャーテリア、トイプードル、アイリッシュセッター、パピョン 他
b0053660_11521033.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2005-02-23 11:54
せっせと、タイイングに励んでいます。
HRの解禁まで、あと10日。徐々に気持ちも高ぶってきますぅ(^^;
b0053660_17114388.jpg

[PR]
Howellsロッド、やっと完成しました。
なかなか使いやすそうなロッドです。やはりルイス・ストナー、ダグラス・メリックの伝統を受け継ぐ
正統Winstonテーパーの血を引くアクションといえるのではないでしょうか。
b0053660_14332384.jpg

[PR]
フライボックスを少なくし、ベストを軽くコンパクトにしたい。
と、思うのですが心配性なのか、あのフライも、このフライもなど
どうしても減らすことできませ〜ん。(^^;
1=はBaetis、コカゲロウ類、アカマダラなどCDCパターン
2=はMayFly、ヒラタ、マダラなどCDCパターン
3=はニンフ、イマージャーなどのWETパターン
4=は#16以下のッドライ、パラシュート、フローテイングニンフなど
5=はクロカワゲラ、オナシカワゲラ、ミドリカワゲラなど
6=はMidge、ユスリカ、ブユなど
b0053660_192869.jpg

[PR]
解禁に向けてフライを補充しています。
まずは早春のフライ。使用頻度の高いベーシックパターンから巻いていますが
同じフライを10本巻くのはなかなか忍耐力がいりますね (^^;
b0053660_1543869.jpg

[PR]
R.B(ロッドビルディング)についての私的なコラムです。R.Bは試行錯誤の連続、疑問に思ったことや製作中に感じたことなど、不定期不連続の雑記帳です(^^;
※コラムについてのご意見などは、コメント欄にどしどし投稿してください。

●Varnish/塗装について-1
ぼくが採用している塗装はオイルフィニッシュです。ウレタンによるディッピングやハケ塗りもやりましたが、現時点で自分に合っている方法はオイルだと思っています。ただ他の方法を否定するつもりはまったくなく、技術的に、環境的に、感性的に合っているということをお断りした上で、塗装についての個人的な見解を書き進めていきます。

◎ケーンロッドの塗装は、ウレタン系やエポキシ系塗料によるディッピングやハケ塗りが一般的です。
他の方法にはインプリやオイルフィニッシュ、漆塗り(日本独特のもの)などがあります。使用する塗料の条件としては防水性、耐光性、耐久性、硬化度などが必要です。市販されている一般塗料も使用できますがそうした条件を満たすものでなければなりません。防水性、耐光性、耐久性はロッドの性質上高いほどいいのですが、硬化度が高すぎるものはアクションに影響したり、ヒビ割れなどになりやすいので注意が必要です。

◎専用塗料としてカネルクラシックやフレックスコートなども発売されています。ただ塗料や接着剤の高分子科学分野はおどろくほど進んでおり、優れたものが多く出ていますから新製品などをいろいろテストしてみるのも方法だと思います。用途はフローリング床用や木工家具用などがケーンロッドには合います。ただ室内用途のものは油性でないと耐水性が劣ってしまいます。外部用塗料では船舶塗料などに比較的優れたものがあります。

◎塗装方法はビルダーによって希釈する濃度や回数などにそれぞれの工夫があり、それが独自のノウハウにもなっています。ただあまり厚塗りされたブランクは個人的には好きになれません。一般的な仕上げ方法はフェルールを装着した後、①ガイド→コーテイング、グリップを取り付け後、デッィッピング。②ブランクの状態でディッピングし、最後にガイド、グリップ、リールシートなどを取り付ける方法です。①の方法はガイド部分に段差がなく綺麗し仕上がります。②はぼくも採用している方法で、オイルフィニッシュはこの方法で行います。理想的な塗装は薄い濃度で、磨きと塗装を繰り返していくのが基本で、どの位の厚さ(回数)で仕上げるのかがポイントです。特に細いティップは厚くすると丸くなってしまいます。せっかくの6角がなくなってしまうのは個人的にはどうも納得いきません(笑)せっかく0.65mmでスプリットした対面幅1.5mmのTipが丸くなってしまうのは、残念〜ですね・・・。
※POINT: 塗装済対面幅数値=スプリット数値に接着剤の厚み/0.1mmと塗装厚/0.1mmを足した約+0.2mm〜0.235mmが基本)
b0053660_17261894.jpg

[PR]
Martha Marie Modelをリメイクしました。
マーサ・マリーはP.H.ヤングの奥さんというのはよく知られていますが
このロッドはどの位の本数が作られたのでしょうね。
テーパーはTipが独特で、Tipがよく曲がるドライフライアクション系です。
パラボリックアクションとはぜんぜん違いますが使いやすいロッドです。

次は、Tipを折ってしまったPara-14をリメイクしないと・・・(涙)
b0053660_18311045.jpg

[PR]
Midge Nakamuraモデル、フレームブランクとナチュラルブランクの揃いぶみ、です。(^^)
b0053660_18432272.jpg

[PR]
■郡上漁協HP告知より抜粋

郡上漁協管内の渓流釣りが解禁しました。
この冬最大といわれる寒波の影響により激しい降雪の中での解禁となりました。
積雪は正午で郡上市八幡町で30cmくらい、白鳥町では1mです。
入川者数は約250人と例年の半分くらいでした。
釣果は、長良川本流はあまり振るわず、ボーズの人が多かったようです。吉田川や那比川、粥川といった支流が
よかったようで、20〜30匹くらい釣っていた人がいました。漁協で確認した最高釣果は那比川の新宮橋下流で
40匹です。長良本流は放流地点でも釣れていなかったので、天気が回復すれば楽しみです。

■渓流解禁前日のアマゴ成魚放流場所について

渓流釣り解禁前日(1月31日)に行うアマゴ成魚放流場所は次のとおりです。
○長良川
大和町 杉ヶ瀬、西河橋、和合橋
八幡町 中元橋、中元堰堤下、からと淵、森オトリ店下、勝更大橋
美並町 相戸堰堤上、吉田橋下流
○栗巣川
大和町 島橋から下流の各所
○吉田川
明宝 明宝温泉下、開撫橋、日洞橋、高橋、栃尾橋、大谷キャンプ場橋、磨墨の里公園下 
八幡町 寒水川合流下、棚井橋、神谷橋、在原橋、下津原、立光橋、中電堰堤下、市島大橋、中央橋、旭用水堰堤下流、長淵、太田内橋、イナリ木工下、旭大橋、小野用水堰堤下、府道谷尻、鶴佐橋、旧鶴佐橋、初納団地下、
小野農道堤防前、小野県職住宅下、小野橋下、スポーツセンター下、街裏(小駄良川合流点下流)
○気良川
明宝 水上橋、渡瀬橋、高橋
○寒水川
明宝 日向橋、竜宮橋、高橋、宮下橋
○小駄良川
八幡町 原橋から下流の各橋
○亀尾島川
八幡町 大奈良橋、宮ヶ瀬橋、高橋、亀尾島橋、百間橋、松ヶ瀬橋、荒倉橋
○那比川
八幡町 久造橋、万場橋、黒佐橋、新宮橋、学校橋、小谷通橋、高畑温泉下
○粥川
美並町 平僧橋から下流

ということで、今年いちばんの寒波で始まったシーズンですが、シラメはどうでしょうね?
情報はエサ釣り主体ですが、本流はこの寒さと強風であまり良くないようです。(^^;
[PR]