カテゴリ:ライフ( 49 )

春のような陽気が続いたと思ったら
また冬に舞い戻ってしまいました。
この冬いちばんの積雪、15cm(笑)
b0053660_8572685.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2009-02-17 08:57 | ライフ
久しぶりのエントリーです(^^;)
年末から、事務所の引越しなどで
バタバタとしておりましたがやっと落ち着き、
久しぶりのblogです。

遅ればせながら、
みなさま、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
(もうすっかり明けておりますが・・・(^^;)

ここ大津(自宅)周辺は一昨日からの雪で、朝方には10cmほども積もりましたが
湿った雪はすぐに融けはじめています。

雪が融ける前にと、庭の撮影。
b0053660_9421497.jpg

雪と椿、大寒の季節にぴったりのショット。
スイレン鉢もすっかり凍り付いて、メダカは冬眠状態です(^^)
b0053660_9431455.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2009-01-12 09:45 | ライフ
また飼育槽が増えました。スーパーで頂いた根室さんまのトロ箱(笑)
今が旬ですから、リユースコーナーにはさんま箱がたくさんありました。

ただ、持って帰るときの臭いには閉口しますが、
綺麗に洗い、日光で1日消毒してやっと使えます(^^;)

でも、幼魚を育てるのにはちょうどいいサイズ。
冬場の温度管理にも、この発砲スチロールは最適。見た目は少しですが・・・(笑)

今年生まれたメダカだけで、たぶん1000匹を越えたんじゃないかと思います。
1日平均約10粒×30日×5ヶ月=1500粒。
そのうち、発眼の歩どまりを考えると大体、1000匹くらい(予想です(笑)
b0053660_1132187.jpg

5月から順調な産卵が続いていましたが、このところちょっと少ないようです。
朝晩の気温が20度を割ってくると、産卵も終わりです。

そして、春いちばんに生まれたメダカはこの秋にも産卵を向かえます。
ただこの秋産卵のメダカはほとんど冬を越せないようです。

この冬を無事に乗り切ってくれると、来年の春はまた産卵ラッシュ(^^;)
そんなに育ててどうすんの?って声が聞こえてきますが

生まれてくるものは拒めませんからネ・・・(笑)
b0053660_113491.jpg

この写真の画面に何匹いるか分かりますか(笑)
[PR]
by PapasDiary | 2008-09-18 11:09 | ライフ
我が家の庭も、HPやBlogで長い間紹介してますが
あらためて何年か前の庭を見ていると、随分と変わってきたナと思います。
新しく植えた花も1年でダメになったり、自然に落ちた種子がもの凄く増えたりと
人の手で管理しているようでいて、庭というその小さな空間も、人の手が及ばない自然のサイクルの中にあるんだナと思います。

庭の片隅の野菜スペース、そのまた片隅に植えたニラ。
3年ほど前にいただいた苗を植えてからはほとんど手入れなしで増えています。
もちろん食料用にときどき摘んでいます。そのニラの花がはじめて咲きました。
こんな可憐な花なら花壇に入れても思うですが、
花壇にあるニラってあまり見かけませんね(笑)
b0053660_11375169.jpg

ブルーベリーも今年も大量に実をつけました。昨年まではほとんど鳥に食べられていましたが、
今年は防御ネットをはったお陰で、おいしくいただいています(^^;)
b0053660_11443735.jpg

レンガのすき間にしっかりと根ずいてしまったツル植物(名前が分かりません(^^;)
もともとデッキの縁だったんですが、腐ったデッキを取り壊したあともそのままにしてあります。
意図したレイアウトではないけど、何となくいい雰囲気のツルです(笑)
b0053660_11535439.jpg

とくに先にでる新葉が綺麗でしょ。アップするとこんな感じです。
b0053660_1154239.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2008-09-04 11:58 | ライフ
この猛暑にも、ミョウガは元気です。
1週間おきに収穫をしますが、足も踏み出せないほどに密生しているので、大変です(笑)

1mほどに伸びたミョウガの林にかき分け、一歩づつ踏み込んで、根元の捜査。
もちろん、やぶ蚊対策の携帯蚊取りは必需品です(笑)

冷や奴に、そーめんつゆに、酢の物に、夏はミョウガが欠かせません(^^)
b0053660_11204350.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2008-08-11 11:21 | ライフ
庭の水鉢にはメダカを入れています。
黒メダカ(左上)と白メダカ(右上)をそれぞれの水鉢で飼育していますが
今年はペアリングがうまくいったのか、どちらもスウィートなカップルで多産です(笑)

稚魚はそのまま同じ鉢に入れておくと、親に食べられてしまうので
ホテイアオイや水藻についたタマゴを定期的に採取します。
右下の2つが室内保育用(^^)
⇩
1週間で40粒〜60粒くらいでしょうか、せっせと回収し保育器に入れ、
少し大きくなったものから幼稚園水槽に移して育てます。
⇩
幼稚園水槽である程度大きくなったものから庭の児童用水鉢(左下)に入れます。
⇩
ここで大人になる前の青少年(産卵前)まで育て、最後に黒と白の水鉢に戻します。

今年はかなり多く、すでに2百匹以上(正確に数えたわけではありませんが(笑)
ただ、庭の水鉢で冬を越せるのは1/3くらいでしょうか?
でもこの鉢だけで、これだけの数を飼育するのは難しそうで、困りました(^^;
b0053660_10582249.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2008-08-06 10:58 | ライフ
設計から3週間、やっと完成しました。

完成したベンチは設計図とは少し変わりましたが・・・(笑)
背もたれの丸棒が無くなって、材料はほとんど手持ちの2×4材だけで仕上げました。

塗装は奥さんの好みのダークブラウンで。

「なんか、昔あった学校のベンチみたい」って言われましたが・・・(^^;
b0053660_10361777.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2008-08-05 10:37 | ライフ
今年の近畿地方(琵琶湖地方)は何だか雨量が少ない梅雨でしたが、心配無用でした(^^;
先週末は思いきり雨が降ってくれましたね(笑)

そんな梅雨のまっただ中でホスタ(ギボウシ)が花をつけ始めました。
梅雨の花はアジサイときまっていますが、ホスタもこの時期がいちばんきれいです。
葉が青々として、花茎もつけて今が見頃です。
写真は玄関アプローチに並べられたホスタたちです。
今年植えたばかりの苗や小さなものはまだいくつもあります(^^;)
最近の奥さんは近くに住む嫁と談合して(笑)新たな苗をどんどん購入しているようで
知らないうちに鉢が増えています(^^;

母の日に嫁からもらったサガエ、大葉の種類で花茎は背丈ほどあります。
b0053660_16271195.jpg

右列上段が安曇川産のギボウシ。何とか根がついたようで花芽もでてきました。
ビッグダディやらいろいろ、あとは名前がよく分かりません(笑)
ギボウシ愛好家には2種類あるようで、斑の入ったホスタ好きのガーデン派。
もう1つは、山野草愛好家のギボウシ盆栽派。
Papaはどちらが好きかと言えば、盆栽派でしょうか(笑)
b0053660_16274326.jpg

土曜日は、ヤングバサーの誘いを受け、琵琶湖へ出撃!
ポイントを北から南へくまなく調査。午後1時から5時までたっぷりとバスと遊んできました。
ヤングバサーはPapaの作った新作ルアーで25cm〜40cmを4匹をゲット。釣れて良かったぁ〜(笑)
[PR]
by PapasDiary | 2008-06-30 16:32 | ライフ
奥さんの最近お気に入り植物がギボウシ。
和名は擬宝珠(ギボウシ)、江戸時代より鑑賞用として庭園に植えられていたそうですが、いま流通している栽培種はシーボルトが日本から持ち帰ってヨーロッパに広がり、そしてアメリカにも渡って品種改良されたものがほとんどのようです。
ホスタの名で人気の植物ですが、もともと東アジア原産の山野草です。
人気のホスタに寒河江(サガエ)というのがあるくらいですから、渓流ではけっこう見かけます(^^)

そんな話しを奥さんにすると連れてってほしいとのこと(^^;) 釣りには無感心ですが、植物にたいする情熱はぼくの釣り熱と変わらないものがありますので、引率して出かけることに・・・(笑)

よく行く渓流沿いに咲く岩ギボウシは、谷に下りてから2回ほど川を渡らなければなりません。釣りをしながらゆっくり上がっていきます。先週、友人たちをガイドしてきたときには、コンデションが良くなく反応が悪かったのですが、今日はいつものポイントから元気にアマゴが飛び出してくれました。(皮肉ですね)
b0053660_12445986.jpg

奥さんに見られての釣りはちょっと緊張します(笑)パシッと飛び出し、フッキングしたアマゴを見て、カンタンに釣れるのねって、言われちゃいました・・・(笑)
背中からの視線と川原をウロウロする奥さんに、釣りに集中できないので、3匹を釣ってギボウシ採取に切替えました(^^;)

ほとんど陽の当たらない岩場に、ギボウシはひっそりと自生しています。
深い川の対岸とか崖の中腹とか、人の手が届かないような場所ばかりです。
流通している品種のように斑が入ったものはなかなかありません。ギボウシ愛好家の中には斑入りを捜すために山野に分け入って捜し、新種を見つけて育てている人たちも多いようです。斑が入っていない岩ギボウシもとても綺麗です。何とか大きな葉を持つ2株を採取することができました。
b0053660_12474757.jpg

無事に採取したあとは、川沿いに上流部までドライブ。釣り人の視点ではない川原や崖を調査しながら山道をドライブ(笑)上流の川原でお昼を食べているときに、今日のもう1つのサプライズがありました。ジギタリスを見つけたのです。
家の庭のジギタリスが少なくなって、種を捜していましたがどこのホームセンターでも見つけられなかったジギタリスが川原に群生しているのです。ぼくの身長ほども伸びたりっぱなジギタリスです。ジギタリスは自然に種を飛ばし増えますが、夏に落ちた種は2年しないと開花しません。ところが6月ごろ種を巻くと来年に開花するので、今月中に種を巻きたくて捜していたのです。

そんなジギタリスを偶然見つけた奥さんの驚く顔。上流の民家の庭から落ちた種が流れて川原で育ったのでしょうか?増水したら流されてしまいそうな川原で野生化したジギタリスです。せっかくですから白とピンクを2株づついただいて帰りました(笑)
b0053660_12481794.jpg

視点を変えると、ふだん通っている渓流もまったく違ったものに見えることを実感した1日でした(^^;)
[PR]
by PapasDiary | 2008-06-16 12:57 | ライフ
梅雨に入ると、春から咲いていた花たちがいっせいに散って
華やかだった庭が少し静寂な感じになってきました。

先週の画像ですが、アマリリスが今年も優雅に咲きました。
b0053660_11223927.jpg

6月の花といえばアジサイですが、家のアジサイはまだ咲き始めたばかり。
いちばん最初に開花したのが、柏葉アジサイ。
葉がカシワ葉のような形をした、ちょっと変わったアジサイです。花の付け方も独特です。
b0053660_11261071.jpg

次に家ではいちばん古株のアジサイが開花。大輪の花をつけます。
b0053660_11263694.jpg

タマネギも先週には収穫しました。でも大玉は少なく、中玉、小玉ばかりでした。
なかなかうまくできません。場所によって大きさが違うので陽当たりのせいだと思うのですが・・・。
でも、すべてをおいしくいただくます。
特に小玉をスープなどに入れると甘くて、柔らかて、最高です(^^)
b0053660_11271779.jpg

[PR]
by PapasDiary | 2008-06-10 11:28 | ライフ