「ほっ」と。キャンペーン

バリアントなフライ!

フライのアップもほんと〜に久しぶりです。
ここ何週間も、フィールドへ行けない間に渓はすっかり初夏模様となりました(^^;
メイフライに変わってテレストリアルや大きなサイズのカワゲラ類が出始めたようです。
上流域の広葉樹のフリーストーンでは、アントやインチワームが
この時期の当りフライになることも、皆さんよくご存知だと思います。
そこで、この時期に僕がよく使うフライを少しだけ紹介します(^^;

マッチザハッチフライと対称的なのがバリアントフライ。
何かのインセクトを模したものではないファジーなバリアントフライには
代表的なグレイフォックスやマーチブラウンなどの他に多くのフライがあります。
またよく釣れるフライでもあり、アダムスやライトケヒルのように不滅のフライもあります。
今回紹介するのはそうした正統派ではなく、まったく個人的な思い入れフライ(^^;
ウエットフライのドライ版バリアントフライです。

ドライフライにはウエットフライから変化したものも多くありますが
ぼくの好きなフライで良く釣れるフライと言えば、グリズリーキングにプロフェッサーです(断定(笑)
この2つをドライにしたのが写真のバリアントフライ。

お腹いっぱいに食べたメイフライの記憶と目の前を流れてくるカラフルなテレストリアルを
足して2で割ったようなファジーなフライです(笑)
派手なチャートリュースとレモンイエローのボデイ、ソラックスに巻いたピーコック。
陸生昆虫のような、水生昆虫のような???バリアントフライです(笑)
b0053660_13114211.jpg

[PR]