釣れない言い訳!

ここ最近、週末の夕方はいつも2時間ほどバス釣りに行ってます。
最近のバスは手強くてなかなか良いサイズの魚に出合えません(^^;)
下のエントリーのミノーで何度かアタックはありましたが、フッキングまでには至らず、です。

もう20年以上も前の話しで恐縮ですが、まだ琵琶湖に越してくる前、30代の頃(^^;)
よくある”昔は良かった話”です(笑)
遊泳客もいなくなった9月は、家族で毎週のように湖北にキャンプに行ってました。ビーチ沿いのキャンプ場のすぐ前にカヌーを浮かべ、子供と必ずバス釣りをしました。多いときには子供と合わせて100匹近くも釣れたものです。いや〜これはほんとの話です(笑)スクーリングした30cmほどのバスが群れになって泳いでいたものでした。
10月は、このワンドにもよく釣りにきてました。そのころの水質は、今より良かったように思います。ウィードの際にポッパーを落として、波紋の消えるのを待って、1、2、3とポッピングすると必ずと言っていいほどのアタックがありました。#5ロッドではなかなか上げられないサイズがコンスタントに釣れたものです。透明度も高くウィードに入っているバスもよくサイトできました。10月はどんなポッパーを投げても出てきました、ほんとです(^^;)
11月に入って寒くなっても、ブラックやパープルのマラブーリーチを沈めてリトリーブすれば、活性が低くなったバスも適度に釣れたものです。

その後、琵琶湖に移ってからの20年はほとんどバス釣りをしなくなりました。バス釣りが大ブームになり釣り人が増えたころからです。最近でも、週末は相変わらず釣り人が多いですが・・・(^^;)

ということで長い長い言い訳になりましたが、20年前のバス釣りのイメージがなかなか抜けないPapaなのです。
b0053660_13381760.jpg

[PR]