サヨリ of SWFF

前回のサヨリ釣りではとても苦戦をしました(^^;
そこで次のリベンジに備えていろいろ調べてみました。

まず最強のエサ釣りですが(笑)、ウキ釣り仕掛け(しもり玉ウキ大小を4〜5個つける)でエサはアミエビ、イシゴカイやハンペン(ストローでくり抜いて使用(*^^*)も使うようです。アミカゴを付けたりもします。水面下のタナで釣るのが基本のようです。ハリのサイズは3〜5号(フライフック#16〜14くらいでしょうか)アジ釣りのように枝バリは付けません、1本釣りが多いようです。

次に自然界での食性(マッチザベイト)ですが、棲息場所によっての違いはありますが
プランクトンや虫類、幼魚が中心でしょう。
中でもプランクトンが主食ではないでしょうか?沿岸に棲息するプランクトンの代表といえばヨコエビ。

と調べてくるとサヨリSWFFは次のような戦術が考えられます(笑)
●群れで回遊してくる魚は待って釣るほうが合理的。
群れの進行方向にキャストしてリトリーブするやり方だと追ってはくるが、スレるのも早い。
待って釣るルースニング(ウキ釣り)スタイルで。
●フライは、マッチザベイトを基本に。
ヨコエビあたりのプランクトンを模したフライパターンで。
b0053660_1711343.jpg

・・・ということで、さっそくヨコエビとアミエビを巻いてみました。
ヨコエビはクリームがかったベージュ系。砂地に住むエビ類は明るいクリーム系で透明に近いのですが、エサのアミエビカラーで巻いてみました。
さて、次回のリベンジはこのタクティクスで吉と出るか、どうか?
[PR]