Leonard 38H

久しぶりのレナード習作です。
この38HはYellowstoneと名が付いた、あまりにも有名なロッドです。
この竿を削ってみようと思ったのはButt径の細さです。
データ/0.238インチ=6.05mmという太さは、#4ロッドのButt径としても細い方の部類に入ります。
日本の渓流にも合う繊細なテーパーですね。
元スペックでは7052/#5指定となっていますが、間違いなく#4ラインのスペックです。
WF-4ラインでキャスティングテストをしましたが、驚くことにぼくのラインナップ・Free Stoneより
柔らかいということです。ラインの乗りがよく、ゆったりとしたキャストができます。
キャストしてみて、イメージできたのはイエローストーン国立公園内を流れるチョークストリームでの
ネイティブカットスロートとブルックトラウトの釣りでした(^^)
b0053660_12223952.jpg

[PR]