湖北の渓

滋賀県最北の渓流へ10年振りにやってきました。まずは本流、支流の様子を見ながら入るポイントをウロウロと調査。そして、もっとも期待できそうな支流へ。その支流の林道は車1台がやっとの幅。左右からはブッシュがはり出し、わだちには50cmもの雑草が茂っています。途中、落石や陥没の林道を何とかクリアし、やっと入渓。車のサイドはブッシュの擦り傷だらけになりましたが(泣)

クモの巣に悩まされながら半日を釣り上がりました。ポイントごとに反応はありますが、#11のフォームハンピーやムネアカパラにアタックしてくるのは10〜15cmほどの小学生サイズばかり。
1時間ほど釣り上がってやっと青年アマゴ。また1時間ほど釣り上がってまあまあのイワナ。疲れました(^^;
b0053660_11442739.jpg

[PR]