雨のマッチザハッチ!

4月4日、予報では1日中曇りらしい。今日も釣り日和かも・・・(微笑)
ところが、峠のトンネルを越えるとポツポツと雨が落ちてきた、またも当たらない予報。

ポイントに着くと駐車スペースには1台の見覚えのある車、ルアーとエサの両刀使いの釣り師か??
シトシトと降る雨は止みそうにもない。レインジャケットを着込み、ポイントへ。
その釣り師が中洲から全方位へルアーをキャストしているので、岸で腰をおろしてしばらく観察。

今日の工事現場もいつもより騒々しく、ライズポイントの目の前でユンボやダンプが動き回っています。
その騒々しい音と相当、ルアーを打ち込まれた水面は沈黙状態(泣)
雨を避け、木陰に避難して待機。
b0053660_11571167.jpg

1時間ほどすると釣り師が上流へ移動。そのまま観察を続けるがいっこうにライズは起きない。
することもないでので、12時前に早弁を取る(笑)
工事関係者たちもお昼休憩、静かになったプールでポツポツとライズが始まる。

手前のライズから順に釣っていく。プレッシャーも強くなって喰いがあさく、なかなかフッキングしない。
雨で、CDCパターンはすぐ濡れてしまうし、イライラ感もつのる(笑)
やる気のあるライズのレーンにのせると、ジャンプしてアタックしてきたアマゴ、小ぶり・・・(微笑)
b0053660_11574688.jpg

フライの頻繁のチェンジ、ドライヤーとシェイクの繰り返しですぐにパッチはフライでいっぱい。
そんなやりとりを2時間。数はそこそこ出るが尾の丸い放流魚ばかり、サイズも20cm前後。
3時過ぎにはフィニッシュとなりました(フゥ〜〜)
[PR]