ロッドデータ

Webマガジンで見つけたF.E.Thomas 、1955年頃?と思われるデータを分析してみました。
このテーパー表は数値に弱い(笑)、ビジュアル人間の自分のために作った分析表です。(^^;

3ピースとありましたが、データではセンター部分が2ピースのようなテーパーです???
ストレスカーブからは1/3部分からティップ部までがよく曲っています。
重量配分がティップ側にあり、P.Youngのパラボリックテーパーとは正反対のテーパーですね。
手持ちのThomasデータと比べても特長が同じ、Thomasらしい個性的なテーパーと言えるでしょうか。
b0053660_18354512.jpg

[PR]